RIZAP

欲預約免費諮詢,請選擇您方便來館日期。
透過諮詢,以了解貴賓過去的運動經驗及飲食,生活習慣。 針對您的目標進行具體的說明及討論。

こちらはライザップ台湾、体組成診断/無料カウンセリングのお申込み・お問い合わせフォームです。下記ご入力いただき、こちらよりご連絡させていただきます。

姓名*/名前

地址/住所

電子郵件信箱*/Email
※請輸入正確的電子信箱,以便與您聯繫。
/ご連絡差し上げますので正確なEmailをご記入ください。

連絡電話*/電話番号

性別*

年齡※未成年者須取得法定監護人同意。/未成年の方は保護者の同意が必要です。

請選擇上課店鋪 / トレーニング希望店舗

預約諮詢日期/予約希望日

方便與您聯繫的時間/ご連絡可能な時間

您是透過何種方式得知RIZAP的相關訊息?
/RIZAPをどのように知りましたか?


是否接受優惠訊息/RIZAPからのお知らせを受け取りますか

隱私權保護政策

本個人資料保護方針(以下簡稱「本方針」)適用於自新加坡商萊札譜股份有限公司及其母公司和各子公司、相關企業及其子公司和各子公司、其他相關公司 (以下簡稱 「RIZAP」)提供之商品及服務所生之個人客戶資料(於下文中定義)之蒐集、利用以及揭露。


1. 總則

1.1 本方針之規定係規定關於個人客戶資料之 RIZAP 義務及方針相關資訊。RIZAP 保證於 一般實務範圍內,就該業務盡其合理努力,以適用該等原則及本方針所訂之程序。

1.2 RIZAP 之董監事、經營團隊及工作人員應就為 RIZAP 或代 RIZAP 蒐集、保管、揭露或利用之所有個人資料之保密及保全事宜,盡合理努力予以尊重。RIZAP 應盡合理努力,以適當之方法蒐集、保管、揭露或利用個人資料,並依個人資料保護法(於下文中定義)及本方針為之。

1.3 於本方針,依個人資料保護法規定,「個人資料」意指自然人之姓名、出生年月日、國民身分證統一編號、護照號碼、特徵、指紋、婚姻、家庭、教育、職業、病歷、醫療、基因、性生活、健康檢查、犯罪前科、聯絡方式、財務情況、社會活動及其他得直接或間接識別該個人之資料。該個人資料亦包含 RIZAP 業已持有之資料或未來由 RIZAP 蒐集之資料。


2. 資料保護負責人之聯繫

2.1 如客戶合法請求取得或更正 RIZAP 持有或管理之客戶相關個人資料,RIZAP 應依本方針所訂標準程序,於合理期間內以合理之方法提供或更正該資料。

2.2 依個人資料保護法規定,RIZAP 就接收或回覆因關於個人資料保護法之適用而生之詢問或投訴定有相關程序。投訴及問題請以電子郵件寄至 RIZAP 之資料保護負責人(下稱 「資料保護負責人」)之電子信箱([rizap.taiwan@rizap.jp]),以便 RIZAP 取得客戶之投訴及問題。

2.3 如客戶不願 RIZAP 為任何目的利用客戶之個人資料或接收 RIZAP 提供之促銷資料,客戶得依第 2.2 條所定電子郵件信箱,將明確記載該旨之電子郵件寄送予資料保護負責人,藉以辦理拒絕利用或拒絕接收。資料保護負責人會立即處理客戶之請求。


3. 實施規定

蒐集之個人資料種類

3.1 RIZAP 作為其日常業務之一環,得透過各種方法包含網站、智慧型手機應用程式、巡迴宣傳等行銷活動、其他 RIZAP 常使用之媒體,向客戶蒐集所謂以下第 3.1.1 條至第 3.1.10 條之識別類、特徵類、家庭情形、社會情況、教育、考選、技術或其他專業、受雇情形等個人資料。

3.1.1 識別類:C00 一~C00 三

3.1.2 特徵類: C0 一一~C0 一四

3.1.3 家庭情形: C0 二一~C0 二四

3.1.4 社會情況: C0 三一、C0 三三~ C0 四 0

3.1.5 教育、考選、技術或其他專業: C0 五一~C0 五四、C0 五七

3.1.6 受雇情形: C0 六一、C0 六四~ C0 六六

3.1.7 財務細節: C0 八三、C0 八八、C0 九三

3.1.8 商業資訊: C 一 0 一、C 一 0 二

3.1.9 健康與其他: C 一一一、C 一一八~C 一二一

3.1.10 其他各類資訊:C 一三一、C 一三二

3.2 RIZAP 於上列所述 3.1.1 至 3.1.10 之範圍內,為解析網站閲覧者之詳細資料或履歷,於本公司網站使用 cookie。多數網路瀏覽器係設定為允許 cookie。cookie 相關利用如下。

3.2.1 如不願接收任何 cookie,得設定網路瀏覽器拒絕接收。

3.2.2 RIZAP 為識別利用過頁面之情形,將使用 traffic log cookies。此目的係為補全本公司所為之網頁履歷相關資訊蒐集作業。蒐集之資訊僅用於統計目的,利用後即自本公司之資料庫刪除。

3.2.3 一般而言,藉由 cookie 蒐集之資訊係用以改善本公司網站之客戶瀏覽環境。Cookie並未授權 RIZAP 連結至客戶電腦或接觸瀏覽 RIZAP 網站以外之任何客戶相關資

3.3 RIZAP 得依客戶之同意、揭露,於第 3.4 條所載目的範圍內,蒐集客戶之健康檢查紀錄資料(個人資料類別:C 一一一之健康紀錄)。

個人資料之蒐集目的

3.4 第 3.1 條至第 3.3 條規定之個人資料之蒐集係以客戶申請會員及處理登錄、確認有無折 扣、特惠或扶助資格或其他相關目的、實施市場調査及分析之目的、一般行銷目的、透過 電話、文字簡訊、電子郵件、廣告信及傳真之直接銷售、付款或信用管理之目的、就對客戶造成影響之本公司方針或服務之變更進行通知之目的、回覆問題及意見之目的、確認本人及連結至俱樂部、管理及更新會員資訊之目的以及就與 RIZAP 及本公司相關其他第三人 之新發展、服務或宣傳進行通知之目的為之(特定目的項目代號 00 二、00 三、0 一五、0 二二、0 三六、0 四 0、0 四九、0 六三、 0 六七、0 六九、0 七七、0 八 0、0 八一、0 九 0、0 九一、0 九八、0 九九、一 0 四、一 0 七、一 0 八、一一六、一一八、一二一、一二 三、一二九、一三二、一三五~一三七、一四二~一四四、一四六、一四八、一五二、一五 三、一五七、一六八、一六九、一七六、一八一、一八二)。

個人資料之利用期間、地域

3.5 個人資料之利用期間:依第 3.4 條所定之蒐集目的之存續期間為之。

3.6 個人資料之利用地域:中華民國境內,第 3.7 條所定利用對象之所在地。

個人資料之利用對象及方式

3.7 為實行第 3.4 條之目的,RIZAP 得於個人資料利用期間,於 RIZAP 及 RIZAP Inc., RIZAP GROUP Inc., Kenkou Corporation Inc., Kenkou Communications Inc., 等公司間揭露或提供個人資料。

3.8 RIZAP 亦得向各主管機關、執法機關、律師、會計師、外部之服務提供人、顧問、外部投資人、信用卡、記帳及儲值卡公司、銀行、其他處理付款之機關以及為提供 RIZAP 之 服務之 RIZAP 代理人或複委託人之第三人揭露或提供客戶之個人資料,不限制前項之適用。

3.9 RIZAP 得於法律要求揭露之範圍內或與法律程序或潜在法律程序有關,或以進行 RIZAP 法律權利或防禦活動之目的、或對 RIZAP 出售(或欲出售)之公司、業務或資產之買受人(或潛在買受人)、代 RIZAP 處理該資料之任一人或企業以及收購 RIZAP、RIZAP 之公司、業務或部分 RIZAP 或業務之第三人、或以修復障礙目的、或取得客戶特定應允後之其他目的揭露或提供客戶之個人資料。

3.10 個人資料之利用方式:書面、電子文件、電話、傳真、自動化機器或其他非自動化之利用方式。

任意個人資料之請求

3.11 依不同情況將有要求客戶提供一定之個人資料,用以進一步改善 RIZAP 商品及服務或優化調整客戶提供之資料種類之情形。該資料之種類多半係屬任意,惟客戶所期盼之服 務屬個人化之服務、商品,須仰賴客戶提供之資料時,客戶未能提供所要求之資料,將有妨礙 RIZAP 提供客戶服務之情形。該資訊之種類依第 3.1 條至 3.3 條定之。

3.12 於一定情況下,就撥打 RIZAP 之任何公司訂購、服務熱線或洽詢專線之語音通話,為品質管理、審核、工作人員管理及教育之目的將進行錄音。此時,藉由同意本方針,客戶於此依本方針就其個人資料之蒐集、利用及揭露,給予明確且明瞭之同意。


4. 個人資料之國際移轉

客戶之個人資料於中華民國境外之管轄,將有經 RIZAP、其關係企業、代理人及提供 RIZAP 服務之第三人處理之情形。此時,由 RIZAP 遵守個人資料保護法之規定。


5. 個人資料之正確性

由 RIZAP 於實際狀況允許之前提下,利用一般認可之實務及方針,確認經提供之資料。依 不同情況,RIZAP 得確認與 RIZAP 持有之現有資料相左之經提供資料。從而,RIZAP 於利用個人資料前,將要求確認身分證或地址證明書等原本。為確保 RIZAP 持有之個人資料之正確性,就個人資料之部分更新或更正,敬請將載明該旨之電子郵件寄予資料保護負責人前述之電子郵件信箱通知本公司。


6. 個人資料之保護

RIZAP 為保護個人資料之完整性及安全性,依個人資料保護法採取適當合理之物理性、管理性且技術性之安全對策,不允許 RIZAP 及客戶或本方針規定人員以外之第三人進行個人資料之連結。


7. 個人資料之連結及訂正

7.1 依個人資料保護法,客戶具有以下權利。

(1) 確認 RIZAP 是否持有關於客戶之個人資料及(如持有時)請求閱覽或製作複製本之權利,以及

(2) 要求 RIZAP 按照使用目的更正或補充客戶相關不正確個人資料之權利,以及

(3) 得通知 RIZAP 停止進行個人資料之蒐集、處理、利用。此外,依個人資料保護法第 11條第 2 項,個人資料正確性有爭議者,應主動或依當事人之請求停止處理或利用。但因執行職務或業務所必須,或經當事人書面同意,並經註明其爭議者,不在此限。以及

(4) 得通知 RIZAP 刪除個人資料。此外,依個人資料保護法第 11 條第 3 項,第 3.4 條所定之蒐集目的消失或期限屆滿時,應主動或依當事人之請求,刪除、停止處理或利用該個人資料。但因執行職務或業務所必須或經當事人書面同意者,不在此限。

7.2 第 7.1 條之請求將於個人資料保護法第 13 條所定之期間內處理。此外,RIZAP 為遵從第 7.1 條(1)所定請求,得請求合理之成本費用。

7.3 如欲確認提出予 RIZAP 之資訊之詳細內容或 RIZAP 之個人資料之利用及持有方法者,依 RIZAP 之安全程序, RIZAP 於揭露資料前,要求確認為本人之文件。確認為本人之文件形式包含姓名、會員編號、國民身分證統一編號或護照之完整內容。


8. 個人資料之保管及保存

RIZAP 於個人資料非為第 3.4 條所需,依 RIZAP 之公司內部程序或其他契約,該個人資料得自 RIZAP 之電子媒介、平面媒介、其他歸檔系統中刪除之。


9. 客戶聯繫

於客戶提供予 RIZAP 之通訊手段之範圍內,透過客戶於同意書署名同意本方針或為其他意思表示手段,客戶於此明確且明白同意,RIZAP 得於第 3.4 條之蒐集目的內透過利用包含 SMS 及 MMS 訊息等提供予 RIZAP 之所有通訊手段聯繫客戶。藉此客戶得繼續享有 RIZAP 之服務。


10. 變更方針

RIZAP 有權按法令或為符合 RIZAP 全球性方針之要件或 RIZAP 認有合理必要之其他目的, 變更本方針內含之條款。RIZAP 依第 9 條規定,通知客戶變更後之本方針。會員如於接獲通知之日起逾 30 日仍未向 RIZAP 提出異議,視為同意變更後之條件。如本方針之條件與新增條件存有矛盾時,於有任何通知前,於矛盾範圍内以本方針之條件為優先。


11. 準據法

11.1 本方針以中華民國法律為準據法,依中華民國法律解釋之。客戶於此同意以台灣士林地方法院為第一審管轄法院。

11.2 本方針作成中文及日文2份,均具同等法律拘束力。二者解釋有不一致時,以中文版為優先。


12. 其他

12.1 本方針僅於 RIZAP 蒐集及利用個人資料適用。本方針於本公司張貼有連結之第三人網站,縱使該網站使用本公司之商標,亦不適用之。RIZAP 不與第三人之網站共有客戶個人資料。RIZAP 就該等第三人網站之機密性及程序之履行不負任何責任,故於該等網站揭露個人資料前,敬請閱覽該網站之個人資料保護方針。

12.2 未經客戶許可,RIZAP 不得將個人資料售予任何第三人。但本公司對於第三人網站張貼 RIZAP 網站或導引至 RIZAP 網站之行為不予以負責且不負擔義務。

12.3 RIZAP 之網站不以 16 歳以下之兒童為對象,不以勸誘為目的。RIZAP 並未故意請求或要求 16 歳以下之兒童提供個人資料。如係屬未滿 20 歳之會員時,需會員之父母或法定監護人代該會員依本方針於同意書署名。於該同意書署名視為父母或法定監護人業已確認其理解並明白該會員所應允同意之內容。

プライバシーポリシー

この個人情報保護方針(以下「本方針」といいます。)は、RIZAP SOUTHEAST ASIA PTE. LTD.及びその親会社並びに各々の子会社、関連会社及び関係会社(以下、総称してRIZAPといいます。)によって提供される商品及びサービスから生じる個人ゲストの個人情報(以下に定義します。)の収集、利用及び開示に適用します。
1. 総則
1.1 本方針の規定は、個人ゲストの個人情報に関連する RIZAP の義務及び方針に関する情報を規定しています。RIZAP は、実務的な範囲内で、その業務に対して、これらの原則及び本方針に定める手続を適用するための合理的な努力を尽くすことを保証します。
1.2 RIZAP の役員、経営陣及びスタッフは、RIZAP のために又は RIZAP に代わって収集、保管、開示又は利用される全ての個人情報の機密保持及び保全を尊重するよう合理的な努力を尽くさなければなりません。RIZAP は、RIZAP による個人情報の収集、保管、開示又は利用が適切な方法で行われ、かつ、個人情報保護法(以下に定義します。)及び本方針に従って行われるよう合理的な努力を尽くさなければなりません。
1.3 本方針においては、台湾の個人情報保護法の規定に従い、「個人情報」とは、真実か否かを問わず、当該情報それ自体から、又は当該情報及び企業等がアクセス可能か可能であると考えられるその他の情報から、個人が特定することが可能な個人ゲストに関する情報を意味することとします。当該個人情報は、RIZAP が既に保有している情報又は RIZAP によって将来収集される情報も含みます。


2. 情報保護責任者への連絡
2.1 ゲストが、RIZAP が保有又は管理しているゲストに関する個人情報の取得又は訂正を適法に請求した場合、RIZAP は、本方針に定められる標準手続に従って、合理的な期間内に合理的な方法で当該情報を提供又は訂正しなければなりません。
2.2 個人情報保護法に従い、RIZAP は、個人情報保護法の適用に関連して生じるご質問若しくは苦情の受付及び回答の手続を定めています。ゲスト苦情及びご質問は、メール アドレス[rizap.taiwan@rizap.jp]に対して、RIZAPの情報保護責任者(以下「情報保護 責任者」といいます。)宛の電子メールにて受け付けることとさせていただいております。
2.3 ゲストが、RIZAP に対して、如何なる目的のためにもゲストの個人情報を利用すること又は RIZAP からの販促資料を受け取ることを望まない場合、ゲストはその旨を明確 に記載した電子メールを2.2 条に定めるメールアドレスを通じて情報保護責任者に送信することによって、これらを拒否することができます。ゲストの請求は合理的な期間内に処理されます。

3. 実施規定
収集する個人情報の種類
3.1 RIZAP は、その日常業務の一環として、ゲストから、ウェブサイト、スマートフォ ンアプリ、外回り営業等のマーケティング活動、その他 RIZAP がその時々において使用する媒体を含む様々な手段を通じて、第 3.1.1 条から第 3.1.10 条に掲げる類別コードのとおり、氏名(姓名)、住所、電話番号(携帯電話を含みます)、ファックス番号、メールアドレス、銀行口座及びクレジットカード情報、性別、緊急連絡先の個人情報、IP アドレス、写真及び画像、年齢、体重、生活習慣並びに一般的な健康状況といった個人情報を収集することができます。
3.1.1 識別類:C00 一~C00 三
3.1.2 特徴類: C0 一一~C0 一四
3.1.3 家庭環境: C0 二一~C0 二四
3.1.4 社会的状況: C0 三一、C0 三三~ C0 四 0
3.1.5 教育、試験、技術その他の専門分野: C0 五一~C0 五四、C0 五七
3.1.6 就労状況: C0 六一、C0 六四~ C0 六六
3.1.7 財務の詳細: C0 八三、C0 八八、C0 九三
3.1.8 ビジネス情報: C一0一、C一0二
3.1.9 健康その他: C 一一一、C 一一八~C 一二一
3.1.10 その他各種情報:C 一三一、C 一三二 3.2 RIZAP は、ウェブサイトの閲覧者の詳細や履歴を解析するために、当社のウェブサイトにクッキーを使用しています。多くのウ ェブブラウザはクッキーを許可するように設定されています。
3.2.1 如何なるクッキーの受信も望まない場合には、拒絶するようにウェブブラウザを設定することができます。
3.2.2 当社は、利用されたページを識別するためにトラフィック・ログ・クッキーを使用することがあります。これは、当社によるウェブページの履歴に関する情報の収集を補完することを目的としています。収集された情報は統計目的にのみ利用し、利用後速やかに当社のデータベースから削除されます。
3.2.3 一般的に、クッキーによって収集された情報は、当社のウェブサイトにおけるゲストの閲覧環境を改善する目的で利用されます。クッキーは、ゲストのコンピューターや当社のウェブサイトでの閲覧活動以外のゲストに関する如何なる情報にもアクセスする権利を当社に与えるものではありません。
3.3 RIZAP は、ゲストの同意と開示により、第 3.4 条に記載の範囲内で、ゲストの健康 診断記録情報(個人情報類別:C 一一一の健康記録)を収集します。 個人情報の収集目的
3.4 第 3.1 条に規定する個人情報は、ゲストの会員申込及び登録の処理、割引、特典若 しくは扶助資格の有無の確認又はその他の関連する目的、市場調査及び分析を実施する 目的、一般的なマーケティング目的、電話、テキストメッセージ、電子メール、ダイレクトメール及びファックスを通じた直接販売、支払又は信用管理目的、ゲストに影響を 与える当社の方針又はサービスの変更を通知する目的、ご質問及びご意見へ返答する目 的、本人確認及びクラブへのアクセス、会員情報の管理及び更新目的並びに RIZAP 及び 当社と関連するその他の第三者の新たな展開、サービス又はプロモーションを通知する 目的で収集されます。 (特定目的項目番号 00 二、00 三、0 一五、0 二二、0 三六、0 四 0、0 四九、0 六三、 0 六七、0 六九、0 七七、0 八 0、0 八一、0 九 0、0 九一、0 九八、0 九九、一 0 四、一 0 七、一 0 八、一一六、一一八、一二一、一二三、一二九、一三二、 一三五~一三七、一四二~一四四、一四六、一四八、一五二、一五三、一五七、一六八、 一六九、一七六、一八一、一八二)。個人情報の利用期間、地域
3.5 個人情報の利用期間:第 3.4 条に定める収集目的の存続期間とします。
3.6 個人情報の利用地域:台湾内、第 3.7 条に定める利用対象の所在地。
個人情報の利用対象及び方式
3.7 第 3.4 条の目的を実行するため、RIZAP は、個人情報の利用期間中において、RIZAP 及び RIZAP Inc., RIZAP Group Inc., Kenkou Corporation Inc., Kenkou Communications Inc.等の会社間で個人情報を開示または提供することができます。
3.8 上記の適用を制限することなく、RIZAP はまた、各主管官庁、法執行機関、弁護 士、会計士、外部のサービス提供者、顧問、外部の投資家、クレジット、デビット及びチャージカード会社、銀行、その他の支払処理機関並びに RIZAP のサービス提供のための RIZAPの代理人又は再委託先といった第三者に対してゲストの個人情報を開示または提供することもできます。
3.9 RIZAP は、法律によって開示することが要求されている範囲内において、又は法的手続き若しくは潜在的な法的手続きに関連して、又は RIZAP の法的権利若しくは防御活動を行う目的で、又は RIZAP が売却する(又は売却しようとしている)会社、業務若しくは資産の買主(又は潜在的買主)、RIZAP に代わって当該情報を処理する如何なる者若しくは企業及び RIZAP、RIZAP の会社、業務又は RIZAP 若しくはその業務の一部を買収する第三者に対して、又は障害復旧目的、又はゲストの特定の承諾を得たうえでその他の目的で、ゲストの個人情報を開示または提供することができます。
3.10 個人情報の利用法式:書面、電子文書、電話、ファクシミリ、自動化機器又はその他の非自動化の利用方式。
任意の個人情報の請求
3.11 場合により、ゲストは、RIZAP の商品及びサービスの更なる改善又はゲストに提供される情報の種類の改善のために利用される一定の個人情報を提供するよう求められることがあります。多くの場合、この種の情報のご提供は任意ですが、ご要望のサービスが個人化されたサービス、商品の提供でゲストが提供した情報に依存する場合には、要求された情報を提供しないことが、RIZAP による当該ゲストへのサービス提供を妨げることがあります。この情報の種類は、第 3.1 条から第 3.3 条に定めるとおりです。
3.12 一定の状況下においては、あらゆる RIZAP の会社の注文、サービスホットライン又はお問合せ番号に対して掛けられた音声電話は、品質管理、査定、スタッフ管理及び教育目的で録音されます。この場合、本方針に同意したことによって、ゲストは、ここに、本方針に従って当該個人情報の収集、利用及び開示に対して、明確かつ明白な同意を与えたことになります。

4. 個人情報の海外移転
ゲストの個人情報は、台湾外において、RIZAP、その関連企業、代理人及び RIZAP に対してサービスを提供している第三者によって処理されることがあります。この場合、RIZAP は個人情報保護法の規定を遵守します。

5. 個人情報の正確性
RIZAP は、可能な場合には、一般的に認められている実務及び指針を利用して、提供された情報の確認を行います。場合により、RIZAP は、RIZAP が保有している既存の情報に反して提供された情報を確認することができます。従って、RIZAP は、個人情報を利用する前に、身分証明書又は住所証明書等の原本を確認させていただきます。RIZAP が保有している個人情報の正確性を保つため、個人情報の一部についての更新又は訂正は、上記のメールアドレスに対して、情報保護責任者宛にその旨明確に記載した電子メールを送信することによって、当社にご通知ください。

6. 個人情報の保護
RIZAP は、個人情報の完全性及び安全性を保護するために、個人情報保護法に従い適当かつ合理的な物理的、管理的かつ技術的な安全対策を講じ、RIZAP 及びゲスト又は本方針に規定されている者以外の第三者に個人情報へのアクセスを認めないようにします。ただし

7. 個人情報へのアクセス及び訂正
7.1 個人情報保護法に従って、ゲストは、以下の権利を有します。
(1) RIZAPがゲストに関する個人情報を保有しているか否かの確認及び(保有している場合には)その写しを取得する権利、及び
(2) RIZAPに対して、使用目的に照らして不正確なゲストに関する個人情報の訂正を求める権利
(3) RIZAP に、個人情報の収集、処理、利用を停止するよう通知する権利。このほか、個人情報保護法第 11 条第 2 項に基づき、個人情報の正確性に争いがある場合、自主的に又は本人の請求により処理又は利用を停止します。ただし、職務執行や事業運営上必須の場合、又は本人の書面による同意を経たにもかかわらず争いを起こされた場合には、この限りでありません。
(4) RIZAP に、個人情報を削除するよう通知する権利。このほか、個人情報保護法第 11 条第 3 項に基づき、第 3.4 条に定める収集目的が消失し又は期間満了した場合、自主的に又は本人の請求により、削除し又は処理若しくは利用を停止します。ただし、職務執行や事業運営上必須の場合、又は本人の書面による同意を経た場合には、この限りでありません。
7.2 第 7.1 条の請求は、個人情報保護法第 13 条が定める期間内に処理します。このほ か、RIZAP は、第 7.1 条(1)に基づく請求に従うために、合理的な管理費用を請求することができます。
7.3 RIZAP に提出した情報の詳細又は RIZAP による個人情報の利用及び保有方法を確認したい場合、RIZAP の安全手続により、RIZAP は情報を開示する前に本人確認書類を要求することができます。本人確認書類は、氏名、会員番号、中華民国国民身分証番号、パスポートの完全な内容を含む形式のものとなります。

8. 個人情報の保管及び保存
RIZAP は、個人情報が第 3.4 条の目的のために必要でなく、RIZAP の社内手続及又はその他の契約に基づいて当該個人情報が RIZAP の電子媒体、紙媒体、その他のファイリング システムから削除することができます。

9. ゲストへの連絡
ゲストが RIZAP に提供した一切の通信手段の範囲において、ゲストが同意書への署名を通じて本方針に同意すること又はその他の意思表示手段によって、ゲストは、RIZAP に 対して、第 3.4 条に記載の収集目的で SMS 及び MMS メッセージの利用を含む RIZAP に提供した全ての通信手段を通じて、ゲストに連絡を取ることについて、明確かつ明白な同意を与えたことになります。これにより、ゲストは RIZAP のサービスを継続的に受けることができるようになります。

10. 変更方針
RIZAP は、法令に応じて、若しくは RIZAP のグローバルな方針要件を満たすために、又は RIZAP が合理的に必要と認めるその他の目的のために、本方針に含まれる条項を変更する権利を有します。RIZAP は第 9 条の規定に基づき、変更後の方針をゲストに通知します。通知を受けてから 30 日以内に RIZAP に対して異議がない場合は、変更後の条件に同意したものとみなされます。本方針の条件と追加された条件に矛盾がある場合、何らかの通知があるまでの間は、矛盾の範囲内については本方針の条件が優先します。

11. 準拠法
11.1 本方針は、台湾法に準拠し、台湾法に従って解釈されます。ゲストは台湾の士林地方法院を第一審の管轄裁判所とすることをここに同意します。
11.2 11.2 本方針は、中国語及び日本語の 2 部作成され、両方が同等に法的拘束力を有します。これらの間に解釈の相違がある場合、中国語版が優先します。

12. 雑則
12.1 本方針は、RIZAP による個人情報の収集及び利用にのみ適用されます。本方針は、当社がリンクを張っている第三者のウェブサイトには、当該ウェブサイトが当社の商標を使用していたとしても、適用されません。RIZAP は、ゲストの個人情報を第三者のウェブサイトと共有しません。RIZAP はこれらの第三者のウェブサイトの機密性及び手続の履行に関しては何らの責任も負いませんので、これらのウェブサイトに個人情報を開示する前に当該ウェブサイトの個人情報保護方針をお読みください。
12.2 RIZAP は、ゲストの許可なしに、個人情報を如何なる第三者にも売却することはありません。ただし、当社は、RIZAP のウェブサイトのリンクが貼られている又は RIZAP のウェブサイトへ誘導する第三者のウェブサイトの行為には責任を負わず、かつ、義務を負担しません。
12.3 RIZAP のウェブサイトは、16 歳以下の子供を対象としておらず、勧誘することを目的としていません。RIZAP は、故意に 16 歳以下の子供から個人情報を求め、又は個人情報を要求することはありません。20 歳未満の会員の場合には、会員の父母又は法的保護者が当該会員に代わって本方針に従って同意書に署名することが必要です。当該署名により、父母又は法的保護者が、当該会員が承諾し同意すべき内容について理解し把握していることを確認したものとみなされます。